展覽

Back to All Events

牟田陽日 x 增田敏也:日本TOP當代陶藝藝術家雙人展


牟田 陽日  Yoca MUTA

1981年出生於東京都。2008年倫敦 Goldsmiths College 美術系畢業。之後,與石川縣的傳統工藝–九谷燒相遇,於石川縣九谷燒技術研究所畢業。目前在石川縣能美市,組構併設有工房的住家。自2014年起發表,多描繪有動植物以及幻獸類、與古典題材以及自我寓言神話並存的彩繪瓷器。以九谷燒為素材、工藝為媒介,同時以製作形同日本的美感與藝術的概念之間相互交匯的作品為目標。

器物上「金色、銀色之突起部分」是刻意製作出來的。器之基本的形狀本身亦然,並非統整成完美而均勻的形態,而是彷彿岩石的紋理以及山水般之大自然的形體,與其器融合成型。再將山水草花之風景刻劃於其中,做成若有立體風景相映之器。「突起的部分」似是從岩石紋路中浮現之處,「形成之金色塊狀」則是所謂「金=另一世界、或是神秘的世界」,像是日本畫或是屏風之世界觀所投射的概念。當然,接觸時所牽引出的快意(快感)也包含著造型於其中。( 牟田 陽日)

1981年東京都に生まれる。2008年ロンドン、ゴールドスミスカレッジ、ファインアート科卒業。その後、石川県の伝統工芸である九谷焼に出会い、2012年石川県立九谷焼技術研修所卒業。現在、石川県能美市にて工房兼住居を構える。2014年からは動植物や幻獣などを多く描き、古典的題材と私的寓話の共在する色絵磁器を発表している。九谷焼を素材、工芸を媒体としながら、日本の美感とアートの概念の間を相互に交信するような作品制作を目標とする。

器の「金色や銀色の突起した部分」は意図的に作っています。器の基本的な形状自体も、美しい均整の取れた形ではなく、岩肌や山水のような大自然の形を彷彿とさせる形状と器が融合したような形にしています。 そこに、山水や草花の風景を入れ込み、立体的風景を映すような器にしています。「突起した部分」は、岩が紋様から浮き出てきたような所で、金塊のようになっているのは「金=別世界or神秘的世界」という、日本画や屏風などの世界観を投影したものです。 もちろん触った時の引っかかりと快感も含んで造形しています。( 牟田 陽日)

(b.1981, Tokyo, Lives and works in Ishikawa,Japan)

My works stand as the hybrids of contemporary art and Japanese aesthetic.

Using the techniques of Kutani pottery -a traditional craft of Ishikawa-, I draw vivid sceneries of nature, myths, and private allegories in the form of ceramic ware.

2008年 倫敦Goldsmiths college美術系畢業

2008年 個展『A Tale of Two Suns』 Iniva,倫敦

2008年『newcontemporaries 2008』 A Foundation,倫敦

2009年 個展「Mt. Boo」the SASSOONGALLERY,倫敦

2011年 「We who saw signs」 ICA gallery, 新加坡

2012年 石川縣立九谷焼技術研修所 畢業

2012年 於日本年輕陶藝家鯉魚躍龍門的比賽「IKEYAN☆」 獲得首獎

2012年 伊丹国際CRAFT展「酒器・酒盃台」 優秀賞

2013年 個展「蓬莱みやげ(蓬萊伴手)」gallery Rempah-Rempah, 日本石川縣

2013年 燈涼会「酒膳食彩」金城楼,日本石川縣

2013年 個展「Ikeyan exhibition relay vol.19」国際設計中心Loop、日本愛知縣

2013年 「酒器展」日本橋三越本店6F 特選畫廊

2014年 三越伊勢丹「NIPPONISTA」出展,紐約

2014年 「現代茶碗展」日本橋三越本店6F

2014年 個展「牟田陽日展」日本橋三越本館6F 美術沙龍

2014年 個展「花とけもの(花與獸)」裏千家茶室 shuhally,橫濱

2015年 「百萬石Chaos」銀座三越アートギャラリー

2015年 個展「fanatic table」gallery Rempah-Rempah, 日本石川縣

2015年 「牟田陽日 x 增田敏也 日本TOP當代陶藝藝術家雙人聯展」Art Space 金魚空間

2016年 「牟田陽日展」うつわノート,日本埼玉縣

2016年 Art Fair Tokyo(東京藝術博覽會)KOGEI@kassi~ selected by MITSUKOSHI(三越)東京

2016年 於第11回Paramita陶藝大賞展獲得首獎,Paramita Museum(日本三重縣)

 

2008 Graduated, Goldsmiths college ( Fine Art ), London,

2008 solo exhibition 『A Tale of Two Suns』 Iniva, London

2008 『newcontemporaries 2008』 A Foundation, London

2009 solo exhibition 『Mt.Boo』 the SASSOONGALLERY, London

2011 『We who saw signs』 ICA gallery, Singapore

2011 『Snow Design Competition』 Nakaya Ukichiro Museum of Ice and Snow, Ishikawa

2012 Graduated, Ishikawa Kutaniyaki training center, Ishikawa, Japan

2012 IKEYAN☆Audition 2013 Grand Prix

2012 Itami International Craft Exhibition 『Syuki/Shuhaidai』 Prize awarded

2013 solo exhibition 『Horai Miyage』 Gallery Rumpha Rumpha, Ishikawa

2014 『NIPPONISTA』, Mitsukoshi Isetan, N.Y.

2014 『Modern tea-bowl exhibition』Nihonbashi Mitsukoshi art salon

2014 solo exhibition 『YOCA MUTA EXHIBITION』, Nihonbashi Mitsukoshi art salon, Tokyo

2014 solo exhibition 『flower and beast』Shuhally, Yokohama

2015 『Hyakumangoku Chaos』Ginza-mitsukoshi art gallery

2015 solo exhibition 『fanatic table』 Gallery Rempah-Rempah, Ishikawa prefecture

2016 the 11th Paramita Ceramic Art Competition Grang-prix, Paramita Museum, Mie-prefecture, Japan

 

數位陶藝家 增田 敏也 Toshiya MASUDA~以完全手工的方式追求數位影像的感覺!

《創作概念》

人們是用經年累月學習到的經驗和知識來判斷各種事物。為了控制目前為止以感情為根據的知識、先例,不少事物也不知不覺變成常識。這樣的意思說來,說到陶藝的話,像「器皿」,土、釉的質感色彩,有著能夠實際觸摸感受的存在感;說到CG的話,像TV遊戲等,通常讓人感覺是顯示在螢幕上而無法實際觸摸的數位影像。將那種沒有質感和存在感數位影像,用印象完全相反的有質感和存在感的陶藝來表現,產生印象的差距。從這個印象的差距來感受不可思議的感覺,希望能夠藉由混入現代假想世界的"虛",和現實世界的"實"考慮到時代的真實感。

1977年 出生於大阪

1999年 大阪藝術大学 工藝學科 金屬工藝Course畢業(金屬工藝組)

2003年 於第26回 長三賞陶藝展 前衛部門 獲得長三獎(首獎)

2005年 於第7回 國際陶瓷器展美濃陶藝部門 獲得評審特別賞

2012年 個展(高島屋百貨公司新宿店美術畫廊)

2014年 個展(東京藝術博覽會)

2015年 個展「visualise」Art Fair Tokyo / 水戸忠交易booth(東京国際Forum)

2016年 個展「Yin and Yang」VOLTA NY / Gallery Kogure booth(PIER 90・紐約)

 

館藏

museum of Anadolu University (土耳其),兵庫陶藝美術館(兵庫縣),増上寺(東京)

 

得獎

2005年 於第7回國際陶瓷器展美濃 陶藝部門,獲得<評審特別賞>

2003年 於第26回 長三賞陶藝展 前衛部門,獲得<長三賞>

2002年 於第7回 素形材CenterものづくりContest,獲得<佳作獎>

2001年 於第7回 素形材CenterものづくりContest,獲得<獎勵賞>

2000年 於藝大生のわざ・ワザ展(技・技展),獲得<優秀賞>

1999年 於藝大生のわざ・ワザ展(技・技展),獲得<最優秀賞>

Earlier Event: October 30
Art Taipei 2015:Booth P18
Later Event: January 9
藤川沙樹 繪畫展