F4 a foam-like dream.jpg

伊東春香 Haruka ITO

Art Space 金魚空間(台北)代理藝術家 :  

伊東 春香  Haruka ITO  いとう はるか

b. 1989年  日本静岡縣  Shizuoka Prefecture, Japan

看見似曾相識風景時,瞬間湧現過去的情節,而感到懷念。所謂懷舊的瞬間,對於時光的不可逆感到惆悵,同時也記得曾有過的珍愛情壞與安全感。會令我感懷的是見到工廠一類的建築物時,目前根據這些在創作。描繪挖掘出過去記憶的瞬間,是在作品當中,創造出自在的、屬於自己的烏托邦的一種行為。

過去に見たことのあるような風景を見た時、一瞬にして当時のことを思い出し懐かしく感じることがある。ノスタルジーと呼ばれるこの瞬間は、不可逆な時間の流れを思い切なくなると共に、愛しい気持ちと安心感を覚える。私がノスタルジーを感じるのは工場などの建造物を見た時であり、現在はこれを作品にしている。過去の記憶が掘り返された瞬間を描くことは、作品の中に心地の良い、私だけのユートピアを創り出す行為である。

With nostalgia being the central theme of his works, Ito’s compositions of industrial landscapes reflect upon a time of modest cultural and social values. The old factories and urban infrastructure reminisce a pre-internet dominant era, with a much simpler and authentic way of life. As the artist explores within his memory through painting, the combined happiness of the past along with the desire of reliving it, create a utopian illusion that resonate with the memories of its audiences.

 

Works